厄年祓・年祝

目次

厄年祓・年祝

令和4年の厄年・年祝

生まれ年数え年男性
(祈願名)
女性
(祈願名)
平成22年13十三参り十三参り
平成17年18前厄
平成16年19本厄
平成15年20後厄
平成11年24前厄
平成10年25本厄
平成9年26後厄
平成3年32前厄
平成2年33本厄
平成元年
昭和64年
34後厄
昭和62年36前厄
昭和61年37本厄
昭和60年38後厄
昭和57年41前厄
昭和56年42本厄
昭和55年43後厄
昭和49年49
昭和38年60前厄前厄
昭和37年61本厄本厄
昭和36年62後厄後厄
昭和28年70古希祝古希祝
昭和25年73
昭和21年77喜寿祝喜寿祝
昭和18年80傘寿祝傘寿祝
昭和17年81半寿祝半寿祝
昭和13年85
昭和10年88米寿祝米寿祝
昭和8年90卒寿祝卒寿祝
大正13年99白寿祝白寿祝
大正12年100上寿祝上寿祝


※厄年や年祝の年齢は、地域によっても違います。詳しくはお問い合わせください。
※数え年とは、満年齢に誕生日前は2歳、誕生日後は1歳を加えた年齢です。
・・・その年の干支の生まれ年の人を、歳男・歳女(年男・年女)といい、干支が一回りして人生の節目にあたり、様々な変化があると考えられてます。

  • 1回目・・大きな節目・・・十三参り
  • 2回目・・大きな節目・・・男性は本厄
  • 3回目・・大きな節目・・・女性は本厄
  • 4回目・・節目
  • 5回目・・大きな節目・・・男女とも本厄、還暦
  • 6回目・・節目
  • 7回目・・節目

厄年祓

いつごろ厄年祓のお祓いを受けたらいいですか?

地域によって違いますが、古くからお正月から節分までの間にお祓いを受けていました。

まわりから厄年だといわれた、よくないことがあったので調べたら厄年だった、などの理由で節分が過ぎてからもよくお問い合わせがあります。節分すぎでもお受けしています。

ご祈願の申込みについて

電話 042-344-0638 (9時から17時)にてご予約をお願いします。

ご希望の日時、氏名、生まれ年(和暦)、連絡先の携帯番号をお知らせ下さい。

ご祈願の時間は、15分ぐらいです。

ご祈祷料について

厄年祓の玉串料は5,000円、10,000円、20,000円、30,000円があります。

玉串料によってお札の大きさや授与品がことなります。

ご神前にお供えしますので、玉串料は、祝儀袋、または白い袋にいれて 当日、受付のときお出しください。

当日は、

予約時間の10分前までには社務所の受付にお声をかけてください。

厄年ではないのですが、よくないことが続くのでお祓いを受けたいのですが?

熊野宮では厄年の方のご祈願として厄年祓をお受けしています。
厄年でない方には、災いを祓い清め よくなるように 除災招福(じょさいしょうふく)のご祈願をご案内しています。

家族も一緒にお祓いを受けたいのですが?

ご家族にも悪いことが起きないようご一緒にお参りください。

小さいお子様がご一緒の方は、混まない時間にご案内しますので、ご予約の時、お知らせください。

いただいた神札、お守りはいつお返ししたらいいですか?

ご祈願をお受けして一年経ちましたら熊野宮の社務所受付(9時から16時)にお持ちください。

前厄、本厄の方は、次のご祈願の受付のときお渡しください。

後厄の方は、ご守護いただいた感謝の気持ちをこめてお返しください。

どんな服装で行けばよいですか?

神様の目の前に進んでご祈願を受けますので、ジャージ・短パン・サンダル・素足などのラフすぎる服装は控えましょう。

一組で御祈願できますか?

混雑時は複数の厄年祓の方とご一緒になります。

一組をご希望の方は、玉串料が違いますが、お受けできますので、お問い合わせください。


ご不明なことはお問い合わせ下さい

年祝

長寿を祝う「年祝」は、無事に人生を送ってこられたことを感謝し、今後の身体健康、延命長寿、除災招福をお祈りします。
新春またはお誕生日に近い日に 家族やお友達、知人などそろっておいでください。

※年祝は古来より数え年でおこなってましたが、最近は、満年齢でおこなうことも多くなりました。

もくじ
上へ
目次
閉じる