初宮詣

のし扇子

扇子は、末広(すえひろ)とも呼ばれ、これから どんどん広がる人生であるよう願い、扇子にお子様の名前と生年月日を記入してお宮参りのとき神社に納める風習があります。 熊野宮では、初宮詣のご祈願の方には、のし扇子の絵が描かれた絵馬をお渡ししています。

目次

初宮詣・お宮参り

あかちゃんが初めてお参りして、神様のご加護のもと無事に誕生したことを感謝し、これからもすこやかに成長するようにと祈ります。

  男子は生後31日目、女子は33日目にお参りするのが一般的ですが、体の抵抗力の少ない赤ちゃんのことですから、あまり日数にこだわらずに温かい日や天気のよい日を選んでお参りするのがよいでしょう。

 お宮参りは、赤ちゃんを産土(氏神・鎮守)さまの産子(氏子)として認めていただく意味があります。ですから、わざとつねって泣かせ、ご挨拶に来たことを印象づけたり、お参りの帰りに、会う人ごとに赤ちゃんを見てもらって、赤ちゃんがその土地の一員になったことを認めてもらう風習も残っています。

初宮詣のご祈願の申し込みの方法は?

  • 電話にてご予約をお願いします。    
        電話042-344-0638 電話受付時間 9:00~17:00  
        (祭典中は電話応対ができないことがありますので、お手数ですが、しばらくしてからお掛け直し下さい。)
  • ご希望の日時、お祝いのお子さまの氏名、連絡先の電話番号をお知らせ下さい。
  • 車椅子の方が、いらっしゃる時は、予約のときお知らせください。(拝殿に上がるとき15㎝の段差がありますが、車椅子のまま上がれます。)

玉串料(祈願料、初穂料)について

  • 玉串料(たまぐしりょう)は五千円、一万円、二万円、三万円になります。
  • お札の大きさ、お渡しする授与品が違います。
  • 玉串料は、ご神前にあげますので、祝儀袋または白い封筒にいれて、受付のときお渡しください。

予約の変更について

  • お受けできますので、早めにご連絡ください。
  • また、当日 予約時間に遅れる時は必ずご連絡をお願いします。(後の方にご迷惑をおかけすることがありますのでよろしくお願いします。)

ご祈願の当日は、

  • 予約時間の10分前までには社務所の受付にお声をかけてください。
  • 祈願の時間は15分ぐらいです。
  • ご祈願は、椅子に座っておこないます。

歯固め石について

  • お食い初めの歯固め石は、神社の者にお声をかけていただければ、お貸しします。
  • お返しは祠へお願いします。

撮影について

  • お参りをしてから、境内(屋外)で ご家族で お撮りいただけます。(神社はお参りする方が優先です。他の参拝者の方にご配慮をお願いします。)
  • 受付・待合所・拝殿(ご祈願をおこなう建物)での撮影はお断りしています。
  • 拝殿前(お賽銭箱のあるところ)は、お参りするところですので、撮影は、いつでもお参りできるよう 拝殿前から少し離れた所からご撮影ください。
  • プロのカメラマンによる記念写真は、当社指定の「小平こぐま館(電話:042-313-5100)」をご利用ください。
  • 神社に許可なく境内にて営利目的・非営利目的を問わず写真撮影をされる事業者様(プロのフォトグラファー・カメラマン、出張撮影の方)・親戚・お知り合いの方やご友人の方の撮影は、お断りしています。(撮影中止のお声がけをすることがあります。また、機材や、撮影方法によりプロと判断させていただいた場合も撮影を中断させていただきます。)

カメラマンをつれての撮影について

  • 神社や参拝者の方、近隣の方に迷惑をかける方法で撮影をするカメラマンが多くなっていることから 神社からの許可をえてない撮影は、禁止です。
  • カメラマンを連れての撮影を計画している方は、打ち合わせと許可が必要です。詳しくは、こちらで
  • 大切なお宮参りの写真撮影が、中断などのトラブルにならないよう事前にお問い合わせください。

初宮詣をお手伝いします

  • 熊野宮の前にある「小平こぐま館」は、神社指定業者として、お祝い着(初着)のレンタル、記念写真を承ります。 ご希望の方は、こちらへ…
もくじ
上へ
目次
閉じる