くまのぐう

熊 野 宮
電話042-344-0638
東京都小平市仲町361番地

えびす講

えびす講

えびす講は、11月20日と1月20日に小平あたりの家庭でおこなわれる行事です。

神無月に出雲に出かけない「留守神(るすがみ)」とされているえびす様から福をいただくため 赤の御飯、尾頭付きの焼き魚、けんちん汁、そして 福升にお財布をいれてお供えしました。

最近はおこなう家庭が少なくなっていますので、令和3年の今年、熊野宮から福升とえびす様の熊手をお出しすることにしました。

令和3年11月19日に新嘗祭とえびす講の神事をおこないます。(新型コロナウイルス感染症対策のため神社役員のみでおこないます。)

11月20日から12月1日の9時から16時まで、社務所にて、福升(種銭の5円玉つき)とえびす様の熊手をお出しします。

福升(縦4.5㎝・横7㎝・奥行7㎝)
500円

えびす様の熊手(縦15㎝・横10㎝)
500円

step
1
えびす様に お金をいれた福升をお供えして、いただきたい福をお願いします。
(えびす様をおまつりしていない方は、えびす様の熊手をお飾りして その前にお金をいれた福升をお供えしてください。)


step
2
令和4年1月20日にもう一度、いただきたい福をお願いします。


step
3
令和4年1月21日以降、お供えしたお金で、いただきたい福に必要なものを買います。
(たとえば、
家内安全の方は、家族で使うものを
商売繫盛の方は、仕事の道具を
合格祈願の方は、文房具を)

えびす様から福を授けていただきます。

-えびす講

© 2021 熊野宮