境内での撮影について

カメラマンを連れての撮影について

神社は、一般的な商業活動のための空間ではありません。

初宮詣や七五三詣などのご祈願を受けられた皆様の便宜を図る目的の下、当社が崇敬者として認定した個人または法人の事業者(以下「指定業者」)には写真や動画の撮影行為(商業撮影)を許可しております。

指定業者は、単に自身の収益を図るのみではなく 平素から熊野宮に対する崇敬の念を持ち、祭典などに対しては応分のお志を奉納するなどを行っています。

指定業者以外のプロフェッショナルと見受けられるフォトグラファーの方による、他の参拝者の迷惑になる行為・撮影、近隣住民の迷惑になる行為・撮影、神社運営に支障をきたす行為・撮影、が多くありましたので、熊野宮境内での商業撮影は、原則として指定業者に限定させて戴くことといたします。

ただし、撮影を依頼されるご祈願者個々のご事情を考慮し、指定業者以外の方であっても、熊野宮の掲げる条件の遵守を誓約する場合には、例外として許可することがありますので事前に申請してください。

なお、ご祈願を受けないで 撮影のみは、禁止といたします。

また、ご祈願者の親族・友人であるなどと偽称したり、個人撮影の体を装っての商業撮影は、撮影の中止、撮影したデータの消去となりますのでご承知おきください。
※機材や、撮影法によりプロと判断させていただいた場合も撮影を中断させていただきますので、事前にお問合せをお願いします。

申請は 営利目的・非営利目的を問わず業者・カメラマン・親戚・友人・知人の当日 撮影をする方になります。

一時的な撮影の許可条件(撮影をするへ)

  1. 境内は、お参りする場であることを理解し、静粛を保って撮影をおこなうこと。
  2. 祈願の日の10日前までに電話または来社にて打ち合わせをお願いいたします。(来社のときは電話にて日時をご予約ください。)
  3. 写真を撮る方は、参拝者用の駐車場は利用できません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
  4. 当日は、撮影者はご祈願申込者とご一緒に受付にお越しください。撮影申請書に署名のうえ、名刺を提出してください。
  5. 撮影は、御祈願終了後からで、撮影時間は30分です。
  6. 撮影は、撮影禁止区域の厳守、周囲の方に配慮しながら行ってください。
  7. 番傘などの小道具は不可です。また、三脚も使用できません。
  8. 撮影の開始に際しては、自身の活動を神様に報告するため神前に参拝すること。
    ※参拝に際しては、神前に志(こころざし)=お賽銭を納めることが望ましいが、写真撮影を神様にお許し戴くためのおこないなので、ご祈願者への費用負担の転嫁は慎むこと。
  9. 指定業者の業務の妨げにならないよう配慮すること。

事前にお問い合わせがあってカメラマンから連絡するようお伝えしたにもかかわらず 連絡なく カメラマンを連れてきた方がいました。
神社としては きちんと内容を説明してからでないと撮影の許可をだすことができず、撮影ができなくなりますので ご注意ください。

上へ